文献

文献

古事記・現代語訳「上巻:序文」

古伝承とその意義 臣安万侶しんやすまろが申し上げます。 そもそも、宇宙の初めに、混沌とした根元がすでに凝り固まって、まだ生成力も形も現われなかった頃のことは、名付けようもなく、動きもなく、誰もその形状を知るものはありま...
文献

日本書紀・日本語訳「第三十巻 持統天皇」

持統天皇 高天原広野姫天皇 全てのタイトルに戻る 皇后称制 高天原広野姫天皇たかまのはらひろのひめのすめらみことは、幼名を鸕野讃良皇女うののさららのひめみこといい、天智天皇の第二女である。母を遠智娘おちのいらつめ(またの...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十九巻 天武天皇 下」

天武天皇 天淳中原瀛真人天皇 下 全てのタイトルに戻る 天武天皇即位 二年春一月七日、酒を用意して群臣まえつきみに大宴会を賜わった。二月二十七日、天皇は有司に命じて壇場を設け、飛鳥浄御原宮あすかきよみはらのみやで即位の儀...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十八巻 天武天皇 上」

天武天皇 天淳中原瀛真人天皇 上 全てのタイトルに戻る 大海人皇子、吉野人り 天淳中原瀛真人天皇あまのぬなはらおきのまひとのすめらみことは天智天皇てんちてんのうの同母弟である。幼時には大海人皇子おおあまのみことい...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十七巻 天智天皇」

天智天皇 天命開別天皇 全てのタイトルに戻る 救援軍渡海 天命開別天皇あめみことひらかすわけのすめらみことは舒明天皇じょめいてんのうの皇太子である。母を天豊財重日足姫天皇あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみ...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十六巻 斉明天皇」

斉明天皇 天豊財重日足姫天皇 全てのタイトルに戻る 斉明天皇重祚 天豊財重日足姫天皇あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみことは、初めは用明天皇の孫高向王たかむこのおおきみに嫁して、漢皇子あやのみこをお生みに...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十五巻 孝徳天皇」

孝徳天皇 天万豊日天皇 全てのタイトルに戻る 皇位の互譲 天万豊日天皇あめのよろずとよひめのすめらみことは皇極天皇こうぎょくてんのうの同母弟である。仏法を尊んで神々の祭りを軽んじられた。生国魂社いくくにたまのやしろの木を...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十四巻 皇極天皇」

皇極天皇 天豊財重日足姫天皇 全てのタイトルに戻る 皇后即位 天豊財重日足姫天皇あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみことは敏達天皇びだつてんのうの曽孫で、押坂彦人大兄皇子おしさかのひこひとのおおえのみこの孫...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十三巻 舒明天皇」

舒明天皇 息長足日広額天皇 全てのタイトルに戻る 皇嗣問題難航 息長足日広額天皇おきながたらしひひろのぬかのすめらみことは、敏達天皇びだつてんのうの孫、彦人大兄皇子ひこひとのおおえのみこの子である。母を糠手姫皇女ぬかでひ...
文献

日本書紀・日本語訳「第二十二巻 推古天皇」

推古天皇 豊御食炊屋姫天皇 全てのタイトルに戻る 額田部皇女 豊御食炊屋姫天皇とよみけかしきやひめのみことは欽明天皇きんめいてんのうの第二女で、用明天皇ようめいてんのうの同母妹である。幼少の時は額田部皇女ぬかたベ...
タイトルとURLをコピーしました